広告インフォ



晩御飯の献立を考えられる方法3つ!献立を考えるのが億劫

家事

毎日の晩御飯の献立を考えるのが億劫に感じる時は多いですよね。

今回の記事では、スムーズに晩御飯の献立を考えられる方法について紹介します。

晩御飯の献立を考えるのが億劫

毎日毎日必ずやってくる晩御飯。「今日は何を作ろう」と頭を悩ます人も多いと思います。
一人暮らしなら適当に済ませることもできますが、家族がいたり、その中でも食べ盛りのお子さんがいたりすると、本当に毎日の悩みのタネになってしまいます。

日中働いているお母さんなら、やっと仕事から解放されたのに、まだ最後の大仕事が残っているという気分にもなるでしょう。

料理が得意なお母さんでも、365日毎日悩まずに作れるかと言えばそうではありません。

晩御飯の献立を考えるという作業は、思っているよりもずっと手間のかかる悩みです。
「肉料理が続いているから今日は魚料理にしよう」「野菜が少ないな」など栄養バランスの悩みもあれば、「あと1品が思いつかない」という品数の悩み。

「子供が寝てしまう」「塾に間に合わない」など時間との勝負もあります。

しかも、これが毎日毎日繰り返されるのでレパートリーが尽き、マンネリ化もします。「またコレ?」という家族からのブーイングが聞こえてくることもあるかもしれません。

今日は晩御飯なし!と言えれば1番いいのですが、そういうわけにもいきません。

けっきょく「さっと作れて、できれば栄養バランスの良い献立」を目指して、毎日毎日お母さんたちは頭をひねることになります。

生ごみをごみ収集日まで保管した時に嫌な臭いが発生してコバエが寄ってこないように出来ないか。
生ごみをごみ収集日まで保管した時に嫌な臭いが発生したりコバエが寄ってくることがありますよね。 この時、なんだかんだ鬱陶しいもの。 コバエが発生しないようにする方法について紹介します。

スムーズに晩御飯の献立を考えられる方法

この毎日続く献立の悩みを解決する方法はないものでしょうか。

1週間分の献立をあらかじめ考えておく

毎日仕事の後に献立を考えるのは大変ですし、それだけで疲れてしまうので、休みの日にまとめて1週間分の献立を考えておくと気が楽です。
しかも、献立を考えて買い物にも行っておけば、その分時短にもなりますし、節約にもつながります。

1週間分考えるのが大変そうに思うかもしれませんが、余裕のある時に考えることで、レシピ本を見ながら考えられたり、家族に聞いたりしながらわりと楽しく決められます。

レシピ本はマンネリ化防止にも役に立ちます。

作り置きを準備しておく

料理が好きなお母さんならば、休みの日におかずの作り置きをしておくのも日々の献立作りの助けになります。

1品出来上がっているだけで心が楽ですし、もちろん時短になります。
その作り置きを栄養バランスの良いものにしておくと、ますます平日の晩御飯作りが楽に考えられます。

献立レシピアプリの利用

今では様々な献立アプリがあるので、それを利用するのも便利です。

家にある食材や、好き嫌いなどの条件に基づいてレシピを提案してくれるアプリや、使えば使うほど自分の好みを学習してくれるAI搭載のアプリなど様々です。

使いやすいアプリを選び、上手く利用すると日々の献立作りの悩みから解放されることでしょう。

 

ごはん作りは毎日の事なので、本当にうんざりしてしまうことが多い

ごはん作りは毎日の事なので、本当にうんざりしてしまうことが多いと思います。
特に休みの日は、さっき作ったのにもう晩御飯?!といったこともしばしば起こります。
それこそ義務のように、惰性で作っていると毎日のことなのになかなか楽しむことはできません。
献立作りを楽しむコツはやはり、「余裕」を持つことです。

時間的な余裕はさることながら、食費を見直し少し余裕を持たせると、また違ったレシピに挑戦できますし、様々なレシピを作れる個人のスキルも上げれば、なお料理が楽しくなります。

仕事終わりにスーパーに行きそこで献立を考えていると、どうしても何かに急かされてしまいますし、何より疲れているのでいいアイデアも浮か辛くなります。

どうせ毎日献立を考えなければならないのであれば、楽しく、そして自分のスキルも上がるような献立作成をしたいものです。

昔は毎日の献立作りが億劫でした

とは言え私自身も、昔は毎日の献立作りが億劫でした。

特に子供が小さい時は、ちっとも自分の思い通りに物事が進まずイライラすることの方が多かったように思います。

そんな時は我慢せず、レトルト食品や冷凍食品を活用したこともあります。

作り置きにもチャレンジしましたが、何品も1度に作ることが私には大変で合いませんでした。
しかし、「余裕がないことがイライラを生んでいる」ということに気付いてからは、何とか余裕を作ることを大事にしています。

1週間分の献立を考えて買い物にも行っておくことは、私にとってはだいぶ日々の余裕が生まれました。

余裕のある時に献立を考えると、意外に楽しく、挑戦したいレシピを見つけることもできます。
家族の意向が聞けるというのも私にはプラスになりました。

食べてくれる人がいるから楽しく料理ができるのだと気付けたからです。

まとめ

「献立を考える」という作業は本当に大変なことです。
1食分だけでも、予算・時間・栄養バランス・好き嫌いなどなど、いろいろなことを考えなくてはいけません。

それが365日毎日続くのですから、億劫になってしまうのは仕方のないことだと思います。

それでも作らなければならないのが晩御飯。

どうせ毎日考えなくてはいけないのであれば、楽しく考えたいものです。

時間とアプリなどを上手に使い、上手く余裕を持たせながら、日々の献立作りを楽しみましょう。

コメント