広告インフォ



家事ストレスがつらい!少しでも家事ストレスを解消する方法まとめ

家事

掃除、炊事、洗濯など、たくさんの家事をこなさなくてはならず、家事ストレスを感じている人も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、家事ストレスを解消する方法について紹介します。

家事をこなすことにストレスを感じる最大の理由

いろいろな家事をこなすことにストレスを感じる最大の理由は、その家事にやりがいや楽しみを見い出せていないからです。

掃除や炊事などの一つ一つを楽しめている場合には、いろいろとこなさなくてはいけなくても楽しみながら行えます。

しかし、家事自体が嫌いであったり、しなければいけないという義務感でやっている場合には、ストレスしか感じられません。

特に仕事や子育てなど家事以外のことも抱えている人は、毎日のように行う家事を楽しむということさえも難しくなり、単調な作業がストレスになります。

多くの家事を一人でこなさなくてはいけない人は、大抵が他の家族に手伝ってもらえない場合が多く、それもこの悩みを加速させます。

このようにして、家事というものが負担に感じるものとして認識され、その家事を毎日続けていくことで悩みから抜け出せなくなってしまうのです。

また、家事を行う人の考え方や性格も、この悩みを抱えるかどうかに関わります。ポジティブな考えの人であれば、家事を例えばスポーツのように捉えてテキパキとこなすことができます。

しかしネガティブ思考の人は、嫌いという概念が頭を支配して考えの転換が苦手なため、多くの家事をこなすことが悩みになってしまいます。

梅雨時期や冬の洗濯物が乾きにくい時期に部屋干しすると生乾きの匂いが気になること
梅雨時期や冬の洗濯物が乾きにくい時期に部屋干しすると生乾きの匂いが気になりますよね。 今回の記事では、梅雨の時期でも、生乾きの匂いが気にならないための対処法について紹介します。

家事をこなすことにストレスを感じる時の対処法

家族がいて可能であれば、家事を分担してみることが悩みを乗り越える一つ目のコツです。

家事はおうちに関する仕事ですので、その家に住んでいるのであれば、あるいは自分が関わっていることであれば、一人だけに負担を押し付けるのは間違いとも言えます。

みんなの家をよりよくするという考えを共有し、家事を分担制にしてみると、いろいろな家事を一人でこなすことはなくなります。

家族にお願いする場合、プライドが邪魔したり協力してくれるかどうか不安になったりするかもしれませんが、悩みを解決するためにまずはやってみることが大切です。

悩みを乗り越えるためのコツ2つめは、なにもかも完璧にこなそうとしないことです。

この悩みを抱える人の中には、すべて完璧にこなさなくてはとか、完璧にこなしたいという思いを持っている人が少なくありません。

そういった人は一つ一つの家事を丁寧にきちんと行うため、家事を楽しめていない場合には徐々にストレスになっていきます。

そのため、「今日はココを丁寧にやってアレは適当に済ませよう」というように考え、1週間で終えるくらいの感覚で取り組んでみます。

前述の2つのコツを活用できない場合、つまり一人で多くの家事を完璧にこなさなくてはならない、あるいはそうしなくては気が済まない場合は、家事ストレスを発散する時間を持つことが大切です。

スポーツで汗を流したりお酒を飲んだり、自分が心地よくなれる時間を持つと、気分が楽になるでしょう。

家事を「運動」と捉えよう

いろいろな家事を一人でこなさなくてはいけない場合は、その家事を「運動」と捉えて体を動かす時間にしてしまったり、自分にご褒美を与えたりするといいでしょう。

どうしても一人でやる必要があるのであれば、いっそそれらの家事をすることで自分にメリットがあることにすり替えてしまうのです。

家事を運動と捉えて行っている主婦の人は多くいますし、一人でいろいろな家事をやっているとかなりの運動量になります。

また、人はご褒美があると頑張れることが多いので、好きな食べ物や飲み物、グッズなど、自分の好きな物を自分に与えて、次の家事への活力にするという方法もあります。

さらに日記をつけて、家事に関していいことだけを記しておくというのも励みになります。

完璧にやらなくてもいいという考え方

実際に一人でいろいろな家事をこなさなくてはならない環境にいますが、気分が乗らないことも多々あります。

そんな時にすべて完璧にやろうとすると、だんだんとストレスに感じていき、「今日も家事か」と思っていました。

防衛本能か分かりませんが、次第に完璧にやらなくてもいいという考え方に変わり、適当にできるようになりました。

すると気分が楽になり、家事に取りかかる時も嫌な気持ちになることは減り、最近は家事ストレス自体が軽減されたように思います。

また洗濯や食器洗いなど、家事の中でも好きなものに集中するようになると、逆にストレスが軽減され、元気のもとになることもあります。

単なる家事と思っていましたが、考え方次第でよくも悪くもなるんだと思いました。

まとめ

毎日のようにしている、あるいはしなくてはいけない家事ですが、それに囚われすぎてストレスが増えてしまっては、家事の意味がなくなってしまいます。

家事はおうちをよりよくするためのおうち仕事ですから、気持ちよく行ってきれいになったりするものです。

そのため、家族に協力できるのであれば助けを求めたり、いい意味で手を抜いたりして、ストレスを感じ過ぎないでこなしていけるといいと思います。

家事を運動として体を動かす機会にしたり、自分にご褒美を与えてみたりすると、気分が楽になります。

コメント