広告インフォ



【旅行】ラコリーナ近江八幡のオススメポイント!滋賀県で有名なお菓子のテーマパーク

旅行

滋賀県近江八幡市にある、お菓子屋の「たねや」と「クラブハリエ」のフラッグシップショップとしてオープンした、ラコリーナ近江八幡です。

東京ドーム3つ分の敷地内に、和菓子と洋菓子の専門店が敷地内に点在されています。

自然に囲まれた土地で、自然の恵みの素材を使ったお菓子を作っています。

色んなお菓子や食事、デザートやドリンクを食べ回れる、お菓子のテーマパークのようなスポットです。

たねやとクラブハリエのこだわりのお菓子を楽しむ

滋賀県で有名なお菓子屋の「たねや」と「クラブハリエ」のお菓子をその場で召し上がること(イートイン)ができたり、お土産を買って帰ることができます。

全商品を取り扱っているので(店舗限定以外)、たくさんのお菓子に触れることができます。

「ラコリーナ近江八幡」にしかない、限定のお菓子もたくさんあるので、足を運ぶ価値はあるかと思います。

限定の商品も季節によって味が変わったりするので、何度来ても楽しめるようになっています。

あとは、敷地内が自然で溢れているので、季節の花々や景色を楽しんだり、写真を撮ったりすることができます。

建築物も変わった見た目のものが多いので、建築をアートとして見に行くのもいいと思います。

【旅行】私の人生最大の分岐点の話をしようと思います。
ちょうど2年前ほどになります。 今の旦那と出会った時の話です。 結婚とは人生で何度も経験することのない行事であります。 それに至るまでの1番最初の出来事、それが2人が出会った日です。 出会いとはどんな人にとっても思い出に残るものであることに間違いはありませんが、私たちの場合もまた、例外なく、これからずっと家族に語り続けるであろう思い出なのです。 そんなお話を今回はさせていただきたく思います。

ラコリーナ近江八幡のオススメポイント!滋賀県で有名なお菓子のテーマパーク

ラコリーナ近江八幡限定のお菓子

ここでしか販売していない限定のお菓子がたくさんあります。

和菓子では「生どら」といって、生クリームと季節の素材を挟んだどら焼きがあります。

栗やイチゴ、マンゴーなど、季節によって素材が変わるのでオススメです。

洋菓子では「バームサンド」という、バームクーヘンの切れ端を練りこんだサブレの間にバタークリームなどを挟んだお菓子があります。

こちらも季節によって中のバタークリームが変わるので、いろんな味を楽しめます。

お菓子だけではなく食事も

お菓子だけではなく、食事やデザートを頂くこともできる店舗があります。

敷地内にあるカステラ専門店では、カステラに使用している卵で作ったオムライスが食べることができます。

その他にも、パン専門店や、アランチーノ(ライスコロッケ)、トーストやドリンクなど、軽食もあります。

季節によってかき氷やお団子、ぜんざいも販売するので

敷地内のベンチで自然の景色を眺めながら食べ歩きをすることができます。

自然と融合した建築物

お菓子を楽しめるだけではなく、珍しい建築物を楽しむことができます。

藤森 照信先生という有名な建築家の方が設計した建物たちは圧巻です。

屋根が芝生になっているメインショップは、八幡山と同化したような、自然と融合した建物たちが見ものです。

敷地のど真ん中には田んぼや棚田があり、虫や花などと触れ合いながら自然の恵みを楽しむことができます。

建物やオブジェ、ウォールアートなどがあるので、インスタ映えする写真が撮れると思います。

季節によるイベントの開催

季節によってイベントをしている時があります。

年始はお餅つきをしてお餅をふるまったり、春は獅子舞がきたり、夏は氷の彫刻を生で披露したり、秋は松明を飾ったり。

お菓子とは切っては切れない季節の催事を体感することができます。

コーヒーの期間限定ショップや、バレンタインショップなど、年中定期的に催しものがあるようなので

それに合わせてくるのもいいと思います。

「ラコリーナツアー」という、お店の方がラコリーナを案内してくれるツアーもあるようです。

混雑状況について

土日の開店(9時)の時間と、昼過ぎから3時くらいまでがピークです。

特に、メインショップで販売している「焼きたてバームクーヘン」と「バームクーヘンのカフェ」は朝一で長蛇の列になることもあるので、混んでいる時間を割けるか、早めに並んだ方がいいかもしれません。

朝は8時頃から並んでおられる方もいました。

あと、過ごしやすく、自然の景色のいい春と秋はとくに混雑です。

バスツアーの方もたくさんいるので、そのお客様とかぶると混雑がすごいです。

カステラ卵のオムライス

先ほども軽く紹介しましたが、カステラを作る際に使用しているこだわりのある卵を使ったオムライスが食べることができます。

中には古代米赤米・黒米を使用し、近江八幡で有名な「赤こんにゃく」が刻んで入っています。

上にはトマトとあんかけがかかっており、和風で新しいオムライスが食べることができます。

あとは、パン専門店があります。彦根にある「ジュブリルタン」で朝焼いたパンをラコリーナでも販売しています。

 

自然の恵みを堪能する

自然のたくさんある滋賀県だからこそできる、お菓子と自然の融合施設を紹介しました。

お菓子は昔から自然との繋がりが深く、自然の恵みに感謝しながらお菓子を楽しむことができる施設です。

のんびり散歩したり、お茶をしにくるだけでも楽しいスポットだと思うので、

疲れた時に甘いものと自然に癒されにくるのもいいかなと思います。

なかなか滋賀県に来ることはないかもしれませんが、車で30分以内に琵琶湖やアウトレットもあるので

ぜひ行ってみてほしいと思います。

コメント