広告インフォ



佐久島のオススメポイントまとめ!インスタ映えスポット満載のアートや豊かな自然が体験できる

旅行

愛知県名古屋市から佐久島行の船が出る一色港までは約1時間程度で、港からは約20分で佐久島に到着します。

佐久島は面積が1.81㎢ととても小さな島で、レンタル自転車を利用すれば1日でサクっと回れて日帰りで楽しむことができます。

本当に穏やかでのんびりした空気感が漂っていて、田舎に帰ってきたような何とも言い難いノスタルジックな気分になりますし、島民の方たちも温かい雰囲気で出迎えてくれます。

 

##インスタ映えスポット満載のアートや豊かな自然が体験できる

レンタル自転車で心地よい海風を感じながら島をサイクリングで一周できます。また、夏には波も穏やかで水が綺麗な大浦海水浴場があるので海水浴も楽しめます。

また何といっても島の至る所に点在する、たくさんのアート作品が魅力的です。

地図とスタンプ台紙を持って1年中アートピクニックを楽しむことができます。

アートは森の中や海岸など色々な所に設置されているので、佐久島の豊かな自然も存分に味わうことができます。

さらに島ならではの新鮮な海産物や野菜を食べられる古民家風のレストランや、探索して疲れた体を癒すカフェがあるので、心も体もお腹も大満足できること間違いなしです。

【旅行】ラコリーナ近江八幡のオススメポイント!滋賀県で有名なお菓子のテーマパーク
滋賀県近江八幡市にある、お菓子屋の「たねや」と「クラブハリエ」のフラッグシップショップとしてオープンした、ラコリーナ近江八幡です。 東京ドーム3つ分の敷地内に、和菓子と洋菓子の専門店が敷地内に点在されています。 自然に囲まれた土地で、自然の恵みの素材を使ったお菓子を作っています。 色んなお菓子や食事、デザートやドリンクを食べ回れる、お菓子のテーマパークのようなスポットです。

###佐久島のオススメポイントまとめ!

自然豊かな島の特性を活かした不思議なアートの数々

たくさんあるアートの中で1番有名なのが「おひるねハウス」です。

高さ3メートルほどの立方体で、その中がカプセルホテルのように9マスに区切られています。

上段へは梯子を使って上り、マスの中にすっぽり体を入れて寝転ぶと、目の前には真っ青な海が広がっています。

まさにフォトジェニックなアートです。

一緒に来た仲間とそれぞれマス目に入り、そこから顔をのぞかせ、順番待ちをしている人に写真を撮ってもらうスタイルです。

 

散策に疲れた時はおしゃれカフェでのんびり休憩

散策の疲れを癒してくれるカフェが佐久島にはたくさんあります。

おすすめは東港からすぐの「サクカフェ aohana」です。

近くには「カモメの駐車場」というアートがあります。

そこは古民家を改装したおしゃれでアットホームなカフェです。

夏場に訪れたのですが、たくさん歩き回って疲れた体を癒してくれたのがかき氷です。氷もふわふわで、女子が好きそうな可愛い見た目のかき氷もあって大満足です。

 

のんびりとした時間を堪能するなら宿泊がおすすめ

日帰り旅行でも十分楽しめる佐久島ですが、のんびりとした時間を過ごすなら宿泊がおすすめです。

私が宿泊したのは「旅館 鈴木屋」です。

鈴木屋は創業60年の老舗旅館というだけあって、アットホームで居心地がよく、清潔感もある素敵なお宿でした。

特に感動したのは新鮮な海の幸をふんだんに使ったお料理、最高でした。

目の前は海で眺めもいいし、島の人の温かさにも触れることができて仕事の忙しさを忘れる素敵な時間が過ごせます。

 

あたたかい自然や町並みがいっぱいの佐久島

アートを楽しむのお良いですが、島全体の雰囲気も味わってほしいと思います。

古い民家が立ち並び、路地裏ではおばあちゃん・おじいちゃんが世間話に花を咲かせています。

また新鮮な魚もたくさん捕れるのからか可愛い猫たちがあちこちで日向ぼっこを楽しんでいます。

そんなノスタルジックでどこか懐かしい気持ちになる佐久島。

四季折々の草花や美しい海に囲まれ、その自然が堪能できるところもおすすめです。

心も体もほっこり癒されること間違いなしです。

 

穏やかな佐久島を楽しもう

やはりアート散策や自然を楽しむことが佐久島の醍醐味です。なので寒い冬にはお勧めできません。島なので風も強いです。

観光のピーク時はやはり海水浴も楽しめるということもあり7月~9月なんだそうです。でも春や秋も穏やかな気候なので観光にはもってこいです。

自然散策やアート巡り、釣り、海水浴と観光客は思い思いに楽しんでいるので、あまり混雑はしないと思いますが、有名なアートには長蛇の列が出来ていました。

また旅館や食事処は数が限られているので、予約をおすすめします。

 

島名物の大アサリを楽しもう

佐久島で味わえる大あさりは絶品でした。島にはたくさんの古民家レストランやカフェがありますが、大あさりは色々な所で味わえるようです。

私が食べたのは「鈴谷」という昔ながらの定食屋さんといった感じのお店でした。値段もとてもリーズナブルです。

そこで食べられるのは大あさり丼で、本当に肉厚でジューシーなアサリがいっぱいのっています。味は甘辛い感じでペロリと食べてしまいました。

店主に聞いたところ、丼は家庭料理だから店によって全然味付けが違うとのことだったので、食べ比べも楽しめそうです。

また帰りたくなる場所、佐久島

初めていった佐久島ですが、なぜか帰ってきたような安心感と仕事の疲れを忘れさせてくれる穏やかで静かな癒しの島でした。

帰りはもちろん船に乗りますが、小さくなっていく島を見ると何故かせつなく、また帰ってきたくなるような気持になります。

島の素朴さと絶妙にマッチしたアート作品で感性が磨かれ、おいしい海産物でお腹も満たされて、島の人の温かさや猫ののんびりした感じに心が洗われる佐久島、本当に素敵でおすすめの場所です。

 

コメント