広告インフォ



梅雨時期や冬の洗濯物が乾きにくい時期に部屋干しすると生乾きの匂いが気になること

家事

梅雨時期や冬の洗濯物が乾きにくい時期に部屋干しすると生乾きの匂いが気になりますよね。

今回の記事では、梅雨の時期でも、生乾きの匂いが気にならないための対処法について紹介します。

雨季は生乾きの匂いが気になる

寒い時期だったり梅雨のジメジメした時期には、洗濯をしても外に干せず(もし干したとしても乾かない)、どうしても部屋に干すことになってしまう。浴室乾燥などがある場合はそちらで乾かすという手もあるが、全ての家にこの機能がついているわけではない。

部屋に干すと、日が当たらないので一日干しておいてもカラッと乾かすことは難しく、乾くまでの時間が掛かればかかるほど生乾きの嫌な匂いが発生してしまう。なぜこの匂いが発生するのかと言うと、洗濯物に雑菌が繁殖しているから。しっかり乾いていない湿った状態の布は雑菌が繁殖しやすい環境になる。その上洗濯で落としきれなかった汚れが残っていたりすると、様々な菌にとっては水分や栄養分が残っているまさに最高の環境となってしまうため、時間が経つほどに匂いがきつくなるのだそう。そして一度繁殖してしまった菌はその後洗濯をして天日干ししても死滅せず、ずっと布に匂いが残ってしまうことになる。せっかく洗い直していい天気の時にお日様の下に干したのに、次にタオルをお風呂で使用した時にまた何となくいやな匂いが復活してしまったり、洋服からほんのりと嫌な匂いがしてしまうのはこのためである。これは洗濯物の中に潜む原因菌が湿気によって活性化したためだと考えられている。

洗濯物をたたむのが面倒で億劫だという人の負担を減らすための解決方法
洗濯物をたたむのが面倒で億劫に感じることもありますよね。 今回の記事では、洗濯物を簡単にたたむ・気軽にできる方法について紹介します。

雨季の部屋干しで生乾きの匂いを消し去るためには

風を洗濯物全体に当てる

サーキュレーターなどを使用し、風を洗濯物全体に当ててとにかく早く乾かすようにする。サーキュレーターが無ければ首振りの扇風機でも良い。この時洗濯物をぎゅうぎゅうに干すのではなく、ある程度の余裕を持って干し、一枚一枚にまんべんなく風を当てられるとよい。部屋のエアコンなどをつけるとなおさら乾燥を促すことが出来る。

洗濯物を一気に大量に洗わない

洗濯物を一気に大量に洗わない。洗濯はできるだけこまめに行い、一回の洗濯機に入れる量をできるだけ少なくすることがコツ。洗濯機の中でぎゅうぎゅうに洗濯物が詰まって動かない状態は入れすぎなので、もしそういう場合は2回に分けて洗濯すると良い。バスタオルなどの大きいものを一番上に入れると洗濯槽の中の動きが悪くなる(洗濯物は全体的に洗濯槽の中でユラユラと動く方がよく汚れが取れる)ので、大きなものは下の方に入れることをおすすめする。

クエン酸を使う

柔軟剤のかわりにクエン酸を使ってみてほしい。クエン酸はドラッグストアなどで掃除用品の棚に売っていることが多く、粉末や細粒のものがある。これを水で薄め、柔軟剤の代わりに投入する。投入のタイミングは最初から入れてOK。クエン酸は柑橘由来の天然成分で、環境にも優しい。酸性なので、雑菌の繁殖を抑える働きがあり、繊維をふわっとさせる事もできる。

自分に合っているのかを考えて実行していくべき

せっかく洗濯した洗濯物に匂いが残っていると残念な気持ちになるが、調べていくと色々な解決方法が見つかる。どれもそんなに難しくないお手軽な方法ばかりなので、一つずつ試したり、どんな方法が自分に合っているのかを考えて実行していくのも楽しいかもしれない。また始めるまでは少し面倒に感じる丁寧な洗濯も、洗濯槽に入れる入れ方を工夫して考えたり、使ったことのなかったクエン酸などを使用してみることは、単純に結果がどうなるかなとワクワクしながらできることだと思う。理科の実験をする時のような気持ちになりそう。クエン酸などは他の掃除などにも使用できるので、そういうことまで波及して家の中全体を綺麗にしたいという気持ちにもなるかもしれない。

クエン酸は大切

夫が汗かきで、フェイスタオルを毎日何枚も使います。それもガシガシと強くこすったりするので、すぐに匂いもきつくなり、生乾きになると一層匂いが気になるようになりました。特に洗濯物が乾かない季節は、部屋に干しておくだけで匂いがきつく、以前はすぐに捨てるか、雑巾にするかでした。でもあまりにもすぐにタオルが無くなってしまうので、何とかこの匂いを解決したいと思い、色々と調べるようになりました。今では液体の洗濯石鹸を使い、クエン酸を匂い消しと柔軟剤の代わりに使うことにより、部屋干ししてもほぼ生乾きの匂いが気になることは無くなりました。洗濯の前に熱湯にしばらくつけ置いたりするとなお一層効果が高いです。色々やってみましたが、これが一番我が家には合っていました。

まとめ

洗濯物の生乾き臭が気になる季節です。その原因は長い間湿ったままの布に雑菌が繁殖することでした。雑菌は落としきれない汚れや水分が大好き。放っておいては洗濯物はどんどん臭くなる一方です。
そこで、対策としてはまず速やかに乾かすこと。サーキュレーターや扇風機などで風を送り、ササッと乾かしてしまいましょう。
そのつぎに洗い方。洗濯槽にぎゅうぎゅうに詰め込むのはNG。余裕を持って洗いましょう。あまりに多ければ2回に分けて。
そして柔軟剤をクエン酸に変えてみましょう。雑菌の繁殖を抑え、匂いを元から絶つことができます。
自分に向いているやり方で、お洗濯を少しでも快適にしましょう。

コメント