広告インフォ



山中温泉のオススメポイントまとめ!混雑状況やお店は?

旅行

私がおすすめするスポットは石川県、加賀市にある山中温泉です。

ここは有名な温泉街で、松尾芭蕉ゆかりの地としても知られている場所です。

テレビでも何度も取り上げられているので、話題作りにも向いていると思います。

町全体が森に囲まれた山中にあり、紅葉シーズンや新緑シーズンに行くととても美しい景観が見られます。

家族旅行から、一人旅、デートまで多様な楽しみ方のできる観光地です。

場所は山奥なので、車で行くことをお勧めします。

 

観光も食事も楽しめる温泉街。

山中温泉は質の良い旅館が多く、心のこもったおもてなしをしてくれます。

日帰りでも山中には伝統的な総湯もあるため、上質な温泉に入ることができます。

また、温泉で疲れを取れるだけでなく、美味しい食事処や揚げたてコロッケやメンチカツ、日本酒ソフトクリームなど食べ歩きできるお店なども多くあります。

松尾芭蕉ゆかりの地としても有名で場所で、松尾芭蕉を祀った芭蕉堂や、彼の色々な資料を展示している資料館の芭蕉の館などを見てまわることもできます。

山中温泉街に沿うように流れる渓流、鶴仙渓は紅葉や新緑がとても美しく、ハイキングするにはもってこいの場所です。

他にも石川県伝統工芸の九谷焼のろくろ体験や、絵付体験などを楽しむこともできます。

【海外】タイとタイ語とタイ料理
日本人の人気の海外旅行先、タイ。 熱心な仏教国で治安も悪くなく、観光大国なので、タイ人は旅行者に親切です。 歴史ある美しい寺院の観光も楽しく、首都バンコクはまだまだ発展していて、行く度に新しいスポットを楽しめます。 物価も安く、食べ物も美味しい国です。 辛いものが好きな私は、まずタイ料理にハマり、ローカルなお店でタイ料理を食べたいがためにタイ語を勉強し、どんどんタイにハマっていきました。 今回はそんな経緯を紹介します。

山中温泉のオススメポイントまとめ!

①松尾芭蕉のゆかりの地を巡ってみる。

黒谷橋から芭蕉堂、鶴仙渓を歩きあやとりはしを通り芭蕉の館へ。

山中温泉自体がゆかりの地なのですが、一番行きやすい順序はこれになります。

黒谷橋は芭蕉が行脚の楽しみここにありと称賛した景勝地で、芭蕉堂は明治43年に建てられたものです。

あやとりはしは赤くてS字に曲がった橋です。

新緑の季節は緑の木々と赤い橋が映えますし、紅葉時なら周りの紅に橋の赤が溶け込み美しいです。

このルートで歩くなら鶴仙渓の遊歩道も半分ほどで終わるので、しんどくもなくゆったりしたお散歩にはちょうどいいと思います。

 

②ハイキングにもってこいの鶴仙渓。

松尾芭蕉ゆかりの地を巡るより、体を動かしたかったりするのなら、最初から最後までの鶴仙渓の遊歩道を歩くのがおすすめです。

山中温泉の街並みに沿うように流れている渓流でその周りをハイキングができます。

遊歩道が敷かれているので歩きやすく、旅行のついでに立ち寄れます。

夏は青々とした山々、秋には紅葉と季節によって鶴仙渓の表情が変わるのも見どころです。

区間で言うならこおろぎ橋から黒谷橋までの約1.3kmちょっとくらいの区間です。

 

③ハイキング途中にゆっくり休憩、鶴仙渓川床。

4月始めから10月終わりまでと期間限定ではありますが、自然に触れ合いながら、鶴仙渓の風景を楽しみつつ、川床で加賀棒茶を楽しむことができます。

大人料金は300円です。

席も畳二畳分程のスペースがあり、伸び伸びゆったり過ごせます。

最近カップルシートも設置されたので、デート向きにもなりました。

お弁当の持ち込みもでき、家族でのピクニックにも向いていると思います。

別料金大人600円で、冷製抹茶しるこや川床ロールなどもいただけます。

 

④古い歴史がある総湯、山中温泉、菊の湯。

山中温泉は1300年の歴史を持つ、伝統的な温泉です。

奈良時代に高僧が発見したと言われています。

奥の細道の途中に訪れた松尾芭蕉が「山中や菊は手折らじ湯の匂い」と読んだことでも有名です。

少し低温でさらりとした湯質がとても心地よく、地元の人もよく入りに行きます。

また、菊の湯の前には笠の露という足湯があり、7:00~22:30の間なら無料で浸かることができ、憩いの場になっています。

 

ちょうどいい混み具合

私が訪れたのは6月終わりの休日で、観光客は少なくも多くもなく、ちょうど良い具合で、どこに行くにしてもそんなに待つことなく入ることができ、ゆっくりと楽しむことができました。

お昼時に行った東山ボヌールだけは、少し混んでいてすぐには食べられませんでしたが、席はしばらくしたら空いたので、とても待ったという感覚ではなかったです。

紅葉シーズンは人気が高い

ので、それなりの混雑があるかもしれません。

東山ボヌールや川床、九谷焼体験などをするなら予約を入れておくに越したことはないと思います。

 

テレビにも取り上げられた山のカフェ、東山ボヌール

レトロで隠れ家チックな外観の可愛いカフェでトロッとろのビーフシチューが頂けます。

食事メニューはこの一品しかありませんが、これ一本で勝負しているというのが伝わるくらいの柔らかなお肉と、お肉の味が染み込んだ野菜が絶品で、とても美味しいビーフシチューに仕上がっています。

お店はなかなかに人気店なので、ゴールデンウィークなど長期休暇のさいの利用なら予約して来店したほうが、スムーズに食事ができると思います。

 

まとめ

山中温泉は一人旅にも、家族旅行にも、デートにも向いた観光地だと思います。

出来れば紅葉か新緑の季節がとても綺麗なので旅行するならその季節をおすすめします。

ただ、冬、特に1月頭から〜2月半ばは雪が降っている可能性が高く、石川県は元々積雪量の多い地域なのもあるため鶴仙渓はとても歩きにくい状態になっている可能性があります。鶴仙渓に行くなら雪が降っていない時期が足元も悪くないのでいいと思います。

温泉と食事を楽しむことがメインなら冬でも楽しめるとおもいます。

雪を眺めながらの露天風呂も最高です。

コメント