【薬学部CBT】2か月で合格する勉強法&実際に使用した参考書

3、4年生

CBTは、薬学生が実務実習に行くために合格しなければならない試験です。時期としては4年生の冬頃(12-1月)に実施され、真面目に勉強すれば合格できるようなテストになっています。しかし、過去問が公開されていないためどのように対策すればよいか悩ましいところ。

本記事では一例として、2ヶ月を目安としたCBTの勉強法実際に使用した参考書をご紹介します。

CBTの出題範囲・合格基準

CBTの出題範囲と問題数、合格基準は以下の通りです。


ゾーン1ゾーン2ゾーン3
物理系薬学
30題
医療薬学[薬理・薬物治療系]
60題
基本事項
10題
化学系薬学
35題
医療薬学[情報系]
15題
薬学と社会
20題
生物系薬学
35題
医療薬学[薬剤系]
35題
衛生薬学
40題
  薬学臨床
30題
合計
100題
合計
110題
合計
100題

現在の合格基準は、310題中186題(60%)以上正解することです。ゾーンごとの足切り点はありません。

引用元:薬学共用試験センター

ゾーン1~3と3つに分類されており、全部で310題、そのうち6割取れれば合格という試験となっています。注目すべきポイントは、ゾーンごとに足切りが存在しないことです。

例えば、ゾーン1,2で186問正答すれば、ゾーン3では1問も正解しなくても合格できます。つまり、ゾーンの区分は気にせず、問題数の多い範囲から対策するべきですよね。これを知らずにゾーン1から順に勉強していると、非常に効率が悪いです。

比較的問題数の多い薬理(60問)衛生(40問)あたりから勉強するのが賢いやり方でしょう。この考え方を軸に2か月分の勉強スケジュールを立てていきます。

2か月分の勉強スケジュール

2ヶ月でCBTを対策する勉強スケジュールは以下の通りです。

頻出分野/出題数/ゾーン対策する日程
医療薬学[薬理・薬物治療系]
60題/ゾーン2
2週間
衛生薬学
40題/ゾーン3

1週間

化学系薬学
35題/ゾーン1
1週間
生物系薬学
35題/ゾーン1
1週間
医療薬学[薬剤系]
35題/ゾーン2
1週間
物理系薬学
30題/ゾーン1
1週間
薬学臨床
30題/ゾーン3
1週間

合計 265題

合計 8週間

考え方は単純で、出題数の多い分野から順に学習するスケジュールとなっています。

また、問題数の少ない「医療薬学[情報系] 15題/ゾーン2」「基本事項 10題/ゾーン3」「薬学と社会 20題/ゾーン3」は、あえて勉強しないスケジュールとなっています。理由としては、すべての分野を中途半端に勉強するよりも、頻出の分野を確実に押さえる方が点数に結び付きやすいからです。

出題数数の少ない分野については余裕があれば学習するくらいの心持ちでいましょう。

CBT対策用参考書

コアカリマスター、コアカリ重点ポイント集

CBT対策用の問題集は、大学で購入するコアカリマスターで問題ないです。また、その問題集に対応した参考書として「コアカリ重点ポイント集」もあればなおさら良いでしょう。自分の場合は、まずは「コアカリマスター」をゴリゴリ解きすすめ、解説を読んでも分からない場合は「コアカリ重点ポイント集」で調べていました。

ちなみに先ほどの2か月のスケジュールをコアカリマスターと照らし合わせると、こんな感じです。コアカリマスター使用者は参考にしてみてください。

頻出分野/出題数/ゾーンコアカリマスター日程
医療薬学[薬理・薬物治療系]
60題/ゾーン2

vol.2/E1 薬の作用と体の変化

E2 薬理・病態・薬物治療

2週間
衛生薬学
40題/ゾーン3

vol.3/D1 健康、D2環境

1週間

化学系薬学
35題/ゾーン1

vol.1/C3 化学物質の性質と反応

C4 生体分子・医薬品の化学による理解

C5 自然が生み出す薬物

1週間
生物系薬学
35題/ゾーン1

vol.1/C6 生命現象の基礎

C7 人体の成り立ちと生体機能の調節

C8 生体防御と微生物

1週間
医療薬学[薬剤系]
35題/ゾーン2

vol.2/E4 薬の生体内運命 

E5 製剤化のサイエンス

1週間
物理系薬学
30題/ゾーン1
vol.1/C1 物質の物理的性質
C2 化学物質の性質
1週間
薬学臨床
30題/ゾーン3
vol.3/F 薬学臨床1週間

合計 265題

 

合計 8週間

薬がみえる

CBTで最も頻出な分野は薬理薬治ですが、これらの分野は作用機序の理解がポイントです。

薬がみえる」は、薬の分類や作用機序を豊富なイラストで解説している参考書で、CBTに限らず薬学生の学習に役立ちます。薬みえの特徴をまとめた記事があるので、気になる方は参考にしてみてください。

また、医療系の参考書を購入する際は、AmazonPrime会員になることをオススメします。理由としては、医療系の参考書は一般的な本屋に置いてないない、かつamazonならポイントが貯まりお得に購入できるからです。学生限定で無料体験期間が6カ月間もあるので購入を検討している方はチェックしておきましょう。(自分は薬みえvol1-3の購入に利用し、1200円程お得に購入できました。)

まとめ

CBTの頻出分野を「コアカリマスター」や「薬がみえる」で重点的に学習する勉強スケジュールをご紹介しました。

勉強方法は人それぞれですが、「こんな感じで勉強した人もいたんだな」と参考にしてもらえれば嬉しいです。また、各大学で夏頃実施される「CBT体験模試」で苦手な分野があれば、そこから学習するのもオススメです。

CBTはしっかりと対策すれば合格できるので、あまり不安になりすぎず気楽に取り組みましょう。

ちなみに参考書代が足りなかった私は、教科書や受験の参考書を売りました。以下の記事に詳細はまとめてあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました